スキンケアをがんばりたい

前々からそのダイエット効果に注目していて、一度はやってみたいと思っていた、ファスティングダイエットに思い切って挑戦してみたら、なんと3キロもの減量ができました。

只々、きれいになりたい一心でダイエットに励んだというのに、鏡に映る自分自身を改めてよく見たら、身体はすっきりしたようですけど、肌、というか顔にしわが増えたかもしれません。ファスティングダイエットがしわと何か関係があるとは思っていませんが、タイミングとしては何とも言えませんから、今のところはとりあえず、スキンケアをがんばりたいところです。顔のしわを取る驚異の「しわとりテープ」は、TVの中でコスメ系芸能人が魔法の効果を紹介して、私も驚きました。効果も高く便利ですが、本来の皮膚の形状を変えるワケですから、長時間つけたままにしていると皮膚の表層のところが引っ張られるので、使用した部位によっては腫れや湿疹、赤みを生じる可能性もあります。アイテープのスゴイ版と思えば、なぜか納得です。

しわとりテープのようなアイテムは、時間を限って使用するほうが良さそうです。

肌に出来る小皺はなぜできるのでしょう。

色々ありますが、最も手強い敵は、乾燥だと言えますね。乾燥した空気は乾燥肌を生み出しますが、過剰な皮脂の分泌を促して肌のキメを荒くすることもあり、回復に時間がかかってしまい、その間に老化が進みます。それぞれの肌質に合った乾燥対策がありますが、スキを作らないよう普段から潤いを補う(失わないようにする)のがポイントです。

スプレータイプの化粧水は種類も豊富でいいですね。ミニボトルなら外出先でも使えるので手軽に肌に潤いを与えたり、夏以降のキレイ肌を造るために、夏の間は徹底してオイルマッサージやフェイスパックなどの保湿ケアしてあげると良いでしょう。元々、アンチエイジングとは加齢と戦う抗加齢と言う事で、若返りと勘ちがいしてしまいそうですが、単なる若返りとは違って歳を重ねるのを遅らせ、本当の年齢より綺麗に見せるといった考え方の方が合った見方です。アンチエイジングは現在、基礎化粧品のみだけではなく、サプリメントやホルモン治療の分野にも進歩しています。キメが細かい肌と言えば、もれなく美肌を指します。

キメとは、肌の表面に走る皮溝という細い溝と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。この模様、キメが美しい肌というのは皮溝に囲まれた皮丘に水分が含まれ、形も均等によく揃っているものです。

ところが、皮膚の構造として一番外側に位置する表皮が自身に含んだ水分を失い、乾燥して荒れた状態になると、キメは整然とした様子を失い、形を保てずに壊れます。

表皮が荒れたままだと、バリアとしての働きは弱まっていきますので、表皮に守られている真皮も、ダメージをうけてしまうことになります。真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としての働きがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワを創ります。

お酒も適量ならば全身の血行を良くし、お肌の血行も良くなります。酒粕のパックはよく知られていて、お肌のくすみ対策になるようです。

市販の酒粕を細かくして、ボウルの中で水を加えてペースト状にし、固まりがなくなるようにすりつぶしていきます。

小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、全体がなめらかになればパックとして使えます。とは言っても、日本酒が不得意な方にこのパックは勧められません。スキンケアをしないと、どんな変化がおきるかというと、多数の人は肌がボロボロになることを想像すると思いますが、本当はまったく別で意外と肌はげんきになります。

化粧品を使用することは肌への負担が増えるので、それを全て取り除いてワセリンだけで肌をいたわってやるのが何よりも優しいスキンケアだと言えます。

素肌を眺めていると、年齢は隠せないものだと感じます。目の下に出てくるクマや以前より増した目周りのたるみなど、本人は早くから気づいていて悩んでいるのです。年齢と共に肌は薄くなり時節のダメージを強くうけるようになり、一度シワができると、基に戻すのには苦労します。比較的皮膚の薄い手の甲や、顔の中では目周り、口元などのしわなどは、あとからでも集中的にケアが必要です。肌にダメージを与える乾燥。

秋冬や時節の変わり目は肌年齢が進みやすいので、気を遣わなければいけません。特に、皮膚の薄い目尻や目の下、口元などは大小のシワが発生しやすく、最近では目の周囲の炎症が悪化して眼科を受診する人も増えています。そうなる前にスキンケアを見直してください。

肌は水分と脂質のバランスで健康を保っていますから、普段のスキンケアにオイルトリートメントをぜひ試してみてください。天然オイルにも鉱物系・植物系、精製・未精製といった種類がありますから、肌と相性のいいものを使用するようにしてください。鏡を見て、加齢によるシミににショックをうけたことはありませんか。一口にシミと言っても、その形や気になる部分はどこか、といったことで、数種の分類がありますから、ドラッグストアで薬剤師さんに相談したり、クリニックへ行って相談するという手もあります。全てのシミが薬で治るワケではありませんから、どうしてもシミが消えないといった時には、全く趣向を変えて、レーザー照射という解決方法も可能性として考慮に入れましょう。